Event is FINISHED

『親子の対話力』と『自己肯定感』をいっしょに高めるワークショップ
〜今教育界で話題の「できたことノート」で親子の絆を深めよう!〜

Description

〜自己肯定感を高め、
  親子の対話を促進する振返りの習慣〜

令和初の夏。

子供たちは夏休みに入りましたね。
宿題も大切ですが、せっかくの夏休みだからこそ、
何か新しいチャレンジして欲しい、
なんて思ったりしますよね。

でも、世の中には新しいチャレンジに積極的な人と
そうでない人がいます。
いったい何が違うのでしょうか?

様々な要因がありますが、
実は「自己肯定感」が大きく関係しています。

最近よく聞く、この「自己肯定感」という言葉。
実は日本は、世界で最も自己肯定感の低い国
の一つであることをご存知でしたでしょうか?

自己肯定感が低いと、
怒りっぽく、言い訳が多くなり、
言葉を素直に受け取れなかったり、
周囲の人の事を悪く言うことが多くなります。

そして、新しいことにチャレンジすることも
なくなってしまうのです。


もし、誰でもできる、とっても簡単な方法で、
自己肯定感が高まって行動に意欲的になり、
親子の会話が増え、充実した生活が送れるようになる、
そんな方法があったら素敵だと思いませんか?

そんな夢のようなメソッドが
「人の行動を変える専門家」が書いた

「できたことノート」なんです。

できなかった事、ダメな所を「反省」するのでなく、
まず良かった点、小さなできた事を見つめる
「内省」をすること。

自分の本音と向き合い、
それを客観視することで感情を理解し、
次に、その発見を他者と共感し合うことで、
自己肯定感を高め、
自発的な行動に結びつける事ができるのです。


子供の変化
・文字に興味を持ちたくさん書けるようになる
・兄弟の面倒をよく見る、友達を助けるようになる
・イヤだったことも正直に話してくれるようになる
・人と比べず、素直にできたことを喜べるようになる
・できるイメージができ目標が持てて積極的になる

親の変化
・子供と寄り添う、かけがえのない時間がもてる
・怒る回数が減って、子供のいい面が見えるようになる
・自分はけっこう頑張っていると自信がもてる
・何気ないことにも幸せを感じる回数が増える
・精神的に引きずらなくなる


しかし、これを一人で続けていくのは
結構大変なことなんです。

そこで今回のワークショップでは、
親子で一緒に実践し、
「フィードバック」という
対話を促進する手法を用いながら、
行動を習慣化するためのコツもお伝え致します。

今回体験していただく内容は
お子様でも無理なく実践できる内容でありながら、
人材育成や組織開発の手法としても実践されている、
あらゆる年代に役に立つ
本質的な考え方に基づいております。


大人も子供も一緒に学べて、
ご家庭でも職場でも実践して頂ける
お得なワークショップ、
大人だけの参加も大歓迎☆

皆様のご参加をお待ちしております!


----------------------------------------
●タイトル:『親子の対話力』と『自己肯定感』をいっしょに高めるワークショップ
〜今教育界で話題の「できたことノート」で親子の絆を深めよう!〜
●日時: 2019年 8月 18日 (日) 9:30~11:30
●会場: 逗子文化プラザ 市民交流センター2F会議室
 神奈川県逗子市逗子4-2-11
 ※京浜急行「新逗子」駅より徒歩2分/ JR 「逗子」駅より徒歩5分
●参加費: 税込1,000円/大人1名 (子供無料) 
 ※参加される大人の人数分、チケットをお申し込み頂けたら幸いです
 ※お支払いは当日現金払いとなります

●定員:15組
 ※どなたでもご参加頂けます
 ※小学生以上推奨ですが、何歳でもOK。自主保育とはなりますが、乳幼児も大歓迎です!
 ※HP等への掲載や資料のために撮影をさせて頂きます。ご了承の上ご参加頂けたら幸いです。
 ※販売や勧誘等を目的としたご参加はご遠慮ください
●主催:「Team Dialogue」×「親子の休日革命」コラボレーション企画
 https://www.facebook.com/pg/holiday.innovation/
----------------------------------------

【当日のスケジュール(予定)】
 9:30 説明と自己紹介
 9:50 ワークショップ
 11:20 記念撮影・振返り
 ※※変更になる場合もございます


■目的
わたしたちは、「こどもの自己肯定感を高めたい!」「親子の対話の質と量を高め、お互いに成長しあいたい!」と願う親の気持ちに応え、親自身の自己肯定感もUP!し、より良い親子の絆を創って欲しいという思いで企画しました。

■ワークショップ開催趣旨
逗子を中心に『「Dialogue(対話)」を通して自分もまわりも幸せになろうヨ!』をスローガンに活動計画中の「Team Dialogue (チーム・ダイアローグ)」とのコラボ企画。
昨今様々な学校に生徒手帳等で導入され評判話題の「できたことノート」を活用する、誰でも参加できる親子のワークショップです。

■開催にあたり
◯非営利目的
本会は、非営利目的で実施され、参加費は会場費、機材費、関係者交通費等の経費として活用します。
◯開催決定の有無
8/7(水)昼12:00の段階で、最低遂行人数、親子5組の申込に達しない場合、中止となります。
◯参加申込の超過
現在、最大参加組数15組を予定しています。基本的に先着優先で、申込増の場合はお断りさせて頂く場合があります。



■ファシリテーター
宮木俊明 (みやきとしあき)
親子の休日革命 主催
株式会社ネットマン 事業開発マネージャー兼エバンジェリスト
一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会(BMIA)認定ジュニアコンサルタント

「良いと確信したモノを広め共有し、社会的価値を創造すること」をミッションとする行動家。
スタートアップ、事業開発等の経験を活かしたワークショップのファシリテーション、
講師、メンターなどの活動を通じて、新しい価値を生み出す「共創の場づくり」を実践中。
http://miyakitoshiaki.com/


親子の休日革命ワークショップは
これまで毎回、初参加の方をお迎えして開催してきております。
どなたでもお気軽に、安心してご参加ください。

お会いできるのを楽しみにしております!!



ーーー過去のご参加者のコメント(一部)ーーー


全く内容も解らず子供と一緒に参加しましたが・・・
とても楽しかった様子に満足しています☆


子供:
始まるまではちょっとはずかしいな、けど楽しみだな、と思っていました。
さんかしてみて、アタマをいっぱいつかえました!
「もっと書きたいな」と思いました。
たのしかったよ!
(8才)


たのしみで、ちょっときんちょうした
ちょっときんちょうしたけどかけてうれしかった
(5才)


はじまるのがたのしみだった
たのしくおはなしができた
(7才)


大人:
前から興味が有って何をしているのか知るために参加しました。
実際に体験ができてよかったです。
手紙を書く時とかにも使えそう。
「何かしたい」という人にはおすすめです!
(ちはるさん)


大人と子供が一緒にできて楽しめるワークショップを期待。
実際に参加してみて、親子で一緒にできた点がよかったし、
子供は天才だと思った。そして自分の子供ともやってみたい!
本当に親子で一緒に楽しめるワークショップでした!
(ガクさん)


子供と一緒にできる、学び有る遊びがしたいと思って参加。
子供に「学校以外で学べる学びがある」って事を伝えることができたと思った。
子供と一緒に遊びながら学ぶ、新しい共同体験。子供との新しい時間の使い方でした!!
(ヒデさん)

Sun Aug 18, 2019
9:30 AM - 11:30 AM JST
Add to Calendar
Venue
逗子文化プラザ 市民交流センター2F会議室
Tickets
大人1名(1000円・当日現金払い) FULL
Venue Address
神奈川県逗子市逗子4-2-11 Japan
Organizer
親子の休日革命
86 Followers
Attendees
11